3年目で転職した看護師が振り返る。ナースになって驚いたこと


3年目の看護師 Y.Hさん(26歳・千葉)

わたしは看護師になって3年目で転職した。
そのときにこれまでの看護人生を振り返ってみた。
今では当たり前のように感じている事でも、1年目の当時はビックリしたことが色々あった。
それを書いてみる。

勉強からの解放

勉強してる看護師って意外と少ない。

もちろん勉強しているナースもいる。
担当する患者さんの疾病、看護研究、院内勉強会に院外セミナー。
ガンバル人は、頑張っている。
けど全然してないナースも多い。
体感だと半々くらいか。

話はさかのぼり、看護学校の勉強の強制は凄まじいものだった。
学校での授業はもちろん、家に帰っても宿題や予習復習にレポート。
毎日夜1時~2時までがんばっていた。
とくに実習中は、精神がおかしくなるくらい。
実際にわたしは、実習レポートを書きながら狂ったことがある。
(発狂して家を手あたり次第メチャクチャにした)

だから私はもう勉強しない。
仕事中に見て聞いて覚えるだけ。
看護師なら勉強くらい、将来のために、何かあったらどうすんの、給料上がんないよって言われるけど、看護師なら資格の力で食っていける。

わたしはこれで勉強から解放された。



結婚できない

看護師は、すぐ結婚できるって思ってた。
仕事に困らないし、そこそこ給料良いし、白衣の天使だし。

けど実際には、結婚してない看護師がかなり多い。

チョット顔のいい子は20代で結婚ラッシュ。
ドクター、理学療法士、患者を食い散らかしていく。

けどそれ以降はピタリと止まり、未婚BBAが量産される。
30代、40代、50代の未婚BBAは、性格に難あり。
サッサと寿退社してほしい。
だけど女のわたしから見ても「性格的にまあ無理だろう」と思うBBA看護師が多い。

看護師は意外と結婚できない。


子供がいない

結婚しても子供を作らない看護師が多い。
ふつうは結婚したら、子供を作るものだと思っていた。
さらに看護師なら、退職しても復職しやすいし。
資格が強いからね。

けど子供を作らない。
そんな暇が無いし、子供を作ったら仕事続けられないし、ダンナの稼ぎだけじゃやっていけないらしい。
女を捨てたというか、強くなったというべきなのか。


声のでかい看護師が強い

病院では言ったもん勝ち。
理不尽でも、過失があっても、間違っていても、声のでかい看護師が勝つ。
大人しい看護師は損をする。

その結果、病院は見事なまでの縦社会になる。


看護師を捨てる

ビックリするけど、看護師を辞める人がかなり多い。

看護師の資格を取るには、時間もお金もかかるし、何よりも酷い苦しみを受けなければいけない。
それを捨てる人がいるのに驚いた。
まあ人間合う合わないはあるから、しょうがないんだろうけど、本当にバンバン辞めていく。
別の病院に転職するんじゃなく、看護の資格を捨てている。
まあ看護に絶望するのはわかるけど・・・。

せめてクリニックとか訪問とか、介護施設で看護師やれば楽なのに。
バカなのか、消耗しすぎてそこまで考えられないのか、看護師が生理的に受け付けなくなったのか。
まあ理由はいろいろあるみたい。


転職が当たり前

ふつう終職したら結婚退職するか、定年まで働くもんだと思ってた。
けど看護師はガンガン転職する。
理由は様々で、金のため、スキルアップのため、プライベートのため、上司がキライ、夜勤で肌ボロボロ、夜勤のとき見えてはいけないものが見える、後輩に追い抜かれた、医療ミス、飽きた、命のプレッシャーなどなど。

看護師は資格の強さもあり、働き口には困らない。
だから3年目くらいの脂ののった時期にバンバン転職していく。
1年目ですら10人いたら1人、2人くらい転職していく。

30代、40代の看護師はほとんどが転職経験者。
転職0って人は逆に珍しい。

看護は転職が当たり前の世界。


看護師の3年間で驚いたまとめ

看護師って異常な世界で生きてる。
人の生死への異常なプレッシャー、異常な量の仕事で極悪なハードワーク、強烈な女の縦社会での摩耗。

たいていの人がおかしくなるか、環境に染まって悪魔になるか、逃げだす。

おかしくなると悲惨。
体か精神に一生モノの傷を負う。
人間って環境に適用しやすいって言うから、悪魔になるのが妥当なのかもね。
見ててこれほど醜いものも無いけど。

だからサッサと逃げ出せばいい。

これが3年目で得た教訓。

看護師3年目で転職するなら・・・

私は、現在3年目の看護師。仕事にも慣れ、気持ち的にも余裕が出てきたのか、仕事の割に給与や任される仕事に不満を感じ、そろそろ転職を考えているのですが、

 看護師3年目の転職ってどうですか?
看護師3年目というと、新人と呼ばれる時期を過ぎ、一通りの知識と技術が身に付き、病院の雰囲気にも慣れたころ。
厳しく苦しい新人時代を一生懸命乗り切り、仕事にも気持ち的にも少し余裕が出てくるのが、3年目と言われています。
そんな時期に、このままでいいのかと自分を見つめ直す時期が来るんですね。
3年目になると、自分の得意分野、不得意分野もわかるようになってきます。
日常の業務になんとなく物足りなさを感じ始め、もっと新しい知識や技術を身に付けたいと思う人、仕事量の割に給与や休日が少ない、新人と師長の板挟みになり
人間関係で仕事に集中できなくなった人、お礼奉公を終え、違う環境で看護師を勤めてみたいと思う人など、大まかにスキルアップしたい人、環境を変えたい人とが
転職を考えています。


看護師3年目で転職する人って、多いですか?

3年目ともなると余裕ができ、給与、人間関係、勤務体系などに不満がある人、仕事に慣れてきたために、スキルや専門看護、キャリアアップを目指す人と、
それぞれの目的がはっきりした退職が多いです。
3年目での転職が早すぎると悩む人も多いかと思いますが、一通りの仕事がこなせるため、経験3年以上の看護師は即戦力として必要とされています。


3年目で転職をした看護師さんの転職先って、どんなところがあるんですか?

今までの経験をベースに、さらに知識や技術を身に付けたいという人は、得意分野のある専門の医療機関へ転職したり、これまで急性期病院に勤めてきた人で、
もっとゆとりのある看護を目指す人は療養型の施設への転職をしたり、もしくは病院にとらわれずに、病院以外の施設で看護の仕事をしている人がいます。


病院以外で看護の仕事?

はい、看護の仕事は病院だけではなく、意外にも身近な施設で活躍しています。

病院以外で看護の仕事ができる施設
 ●老人介護施設、介護訪問
 ●企業の医務室、健康管理
 ●託児所・幼稚園・保育園
 ●ツアーナース
 ●健診センター
 ●保健管理センター
 ●治験コーディネーター

このように、病院以外でも看護師として活躍できる施設がたくさんあります。


看護師3年目の転職で不利になること、有利になることってなんですか?

看護師3年目の転職で不利になることとしては、「スキルがない」「経験が少ない」ことがあげられます。
しかし看護師3年目になれば、これまでの看護経験で、看護としての基礎ができていること、業務の流れやコミュニケーション能力がある、夜勤ができる、
中にはリーダー業務を経験している人もいるため、すぐに看護実践の場で即戦力となり、有利な点と言えます。
したがって新しい施設で気持ち新たになれば、スキルアップもでき長く勤められることに繋がります。


3年目で転職して、その後 結婚や出産などを考えると、仕事を続けることができるか不安なんですが…。

女性であれば、多くは結婚、出産・育児など生活環境の転換期があります。出産や育児などは、長期の休みが必要となり、その後の職場復帰が気になりますよね。
ですから、結婚、出産・育児などを視野に入れ、勤務時間、夜勤の頻度、産休・育児休暇制度などを確認しておくことも必要です。


うまく転職をするための、ポイントは何ですか?

看護歴3年目ともなると、ある程度の専門知識や技術、指導力が身についているため、即戦力になることやスキルアップなどから、やる気や長期的に勤務できることなど
をアピールできます。
また、ある程度のリーダー業務の経験もあることから、その経験を活かしチームとして動けることなど、協調性をアピールしましょう。
そのために大切なのは「志望の動機」です。なぜその職場を選んだのか、しっかりとした志望の動機をまとめておくと良いでしょう。


看護師3年目の転職、失敗しない為には?

転職に失敗する、つまり転職するポイントからずれていること。
上記のように、転職するためのポイントは、『協調性のある人』『向上心のある人』『長く働いてくれる人』です。
やる気が感じられない人や、なんとなく今の職場が嫌でとりあえず他の病院へ転職したいと、転職理由があいまいな人、やる気がなく向上心も見受けられない人などは、
採用してもすぐに辞めてしまうと思われてしまうため、採用の確率が低くなります。
ですから、今までの経験や実績、転職の理由、志望の動機、採用されたらどんな仕事をしたいのかなど、まとめておきましょう。
長く安心して仕事を続けるためにも、採用されるためにも、希望の条件に沿う病院・職場を絞ることから始めることです。

↑ PAGE TOP