5年目でチームリーダーを任された男性看護師の経歴

自分は正看護師7年目の男です。
院内外の研修に行ったりしており、得意分野はNST。現在は初めての教育担当者をやっています。既婚で、4歳と2歳の息子がいます。


1年目

現在の病院、消化器専門病院に入職。外科、内科病棟。人手不足で、毎日のように業務に追われ、夜の8時過ぎに仕事が終わるのが当たり前の毎日。
夜勤では、3人も同時に患者さんが亡くなられたり、修羅場の連続でした。できるだけ、仕事のことはプライベートでは考えないようにし、気持ちを切り替えてやっていました。


2年目

自分も仕事に慣れてきて、スタッフの人数も少し増えてきて、ちょっと早く帰れるようになって負担も軽くなった時期。しかし、中途半端に理解している部分が多く、まだまだミスもあり、先輩から注意されることも多かったです。


3年目

これまでは現場の仕事に集中していればいいという感じでしたが、委員会の仕事も任されるようになり、NST委員会になりました。
最初、先輩と一緒にやっていく予定だったのに、その先輩が東日本大震災に旅行でちょうど東北方面へ行っており、帰ってきてから、PTSDになり結局ほとんど教えてもらうことなく、退職。自分が、わからない手探り状態のまま担当し、研修もたくさん行かされ、委員会で大変なことになった年でした。


4年目

NSTも少しずつ慣れてきたところで、サブリーダーの役割が兼業で任されるようになりました。周りからは、サブリーダーとして自覚を持てといわれる毎日で
徐々にチーム、病棟全体に目がいくようになり、周りからの信頼もついてきたという実感が持てた頃です。


5年目

NST3年目で、周りからも頼られるようになり、自分にも自信がつくようになりました。
サブリーダーからチームリーダーへ昇格し、これまで以上に自分の立場を自覚して行動するようになりました。また、夜勤リーダーも任されるようになり、後輩にも積極的に声をかけ、判断力・決断力も養われていきました。

↑ PAGE TOP