新人看護師1年目で3回転職して学んだこと

新卒の1年間で3回も転職した澤田さん東京都在住・澤田さん(仮名)・30歳・看護歴8年目

「3年は耐えなきゃダメ!」
看護師になる前も、なった後も、仕事は耐えて、苦労して、失敗して、成長すると教えられてきた。
だから、耐え続けようと思っていた。

でも私は新卒の1年目で、3回転職した。
その結果として、定年まで看護師として働き続けたいと思える病院を見つけられた。

新卒で転職して学んだのは「3年も耐える必要がない」ってこと。
今の病院が嫌なら、今すぐ辞めたほうがいい。

不幸にも新卒で耐え続けている看護師に、それを伝えたくてこの記事を書くことにした。
興味があれば読んでみてください。

1年目で4つの病院を転々

私は看護師になって5ヶ月目で初めての転職をして、合計4つの病院を転々とした。
しかも新卒の1年目で。

学生のころは、よくいる目立たない無難なタイプだった。
勉強は平均くらいで、近所の高校に進学して、部活はちょっとがんばって演劇部の副部長をやってみたり、良くも悪くも「そこそこ」頑張ってた、普通の女子といった感じ。
看護学校に入る前の私(演劇部の集合写真。わたしは右端)

ただ看護学校だけは知っての通り「そこそこ」で通用するわけもなく、異常な量のレポートをカフェイン過剰摂取で徹夜して書いたり、実習ではゴミクズのように罵倒されながらも這いずり回って勤め上げたり、絶対に落とせない試験を1日10時間の勉強でギリギリ通過したり、いつも泣きながら鼻水垂らして必死だった。
そんな努力もあってか、看護学校での成績は中の上くらいだった。
だから看護師になっても、そこそこ頑張って、そこそこ忙しく、そこそこの給料で、そこそこのポジションになって、そこそこ後輩に慕われれば良いかなって、簡単に考えてた。
看護学校の戴帽式(戴帽式。この頃が一番楽しかったかも・・)


1回目の職場。5ヶ月で退職

1番最初に新卒で入職したのは、実習でお世話になった県内でも大きな総合病院。
新卒で入職した病院(病床700・27診療科・3部門の巨大病院・・)

実習の担当看護師がとにかく冷たくて「こんな看護師だけにはなりたくねー」って思っていたけれど、大きな病院で働いてみたいという単純な理由で面接を受けて、内定が出たから入職した感じ。あまりにもアッサリ内定が出たので、他の病院は調べもせず。一般学生の就活が50社~100社も面接を受けて地獄のような辛さというニュースを横目で見ながら、「就活カンタンすぎ(笑)看護師になって良かった(笑)」なんて不謹慎にも思ってた。

だけど配属された脳外科で働くと、そんな甘い考えで入職したことを呪いたくなった。
新人だから基本見てるだけなんだけど、鬼のように忙しい先輩たちの後ろをついて回るだけで邪魔者感がハンパなくて、みんなが忙しそうにしてるのにの何もやることが無くて注射針や点滴チューブの補充を永遠と続けたり、「わたし何やっているんだろう・・」っていう無力感がすごかった。少しずつ看護を任されるようになってからは、急性期で危篤状態に近い患者さんが多かったこともあり小さなミスも許されない空気が辛くてプレッシャーがヤバいくらいにストレスだった。

だから「私は看護師向いてない」なんて思い、1週間で辞めたくなって、2ヶ月目で転職活動をし始めて、4ヶ月目で師長に辞めたいと言って、5ヶ月目で退職した。
退職は、引継ぎ大変そうって思っていたけど、そもそも新人の看護師がもっている仕事なんてたかがしてれおり、2時間の申し送りで済んでしまうくらいあっけないものだった。病院側も毎年たくさんの看護師が辞めるので、退職処理に慣れているようだ。ちなみにこの病院の同期12人中5人が1年で辞めることになり、3年後に残っていたのはたったの2人だそうだ・・。中途が異常に多い病院だったもんな・・。

さてはて、こうして1番目の職場は、予想以上にアッサリ辞めたのだった。
(もちろん送別会も無し・・あっても困るけど・・笑)


1回目の職場。2ヶ月で退職

2番目の職場は、ハローワークで求人を見つけた近所の総合病院。
新卒で退職して入職した病院(病床200・11診療科の中規模病院)

子供のころからお世話になっている病院で、いつも笑顔でニコニコしてキレイで美人な優しいナースが多く、子供のころの憧れであり、今思えば私が看護師になりたいと思ったキッカケだったかもしれない。最近リニューアルして建物がキレイになったし、働けたらいいなーって気軽に応募して、面接で「小っちゃな頃からお世話になってます。私の原点です!」なんて、うまいこと言ったら内定が出た。

でもここは3か月で辞めた。
表っ面はとても良い病院。でも裏ではかなりグロい。ドクターのパワハラがひどくて、それが末端の看護師に回ってくる。しかも残業代が出ないし、サービス残業が凄まじいし、子持ち看護師の比率が高くて休みまくるので独身にそのしわ寄せが来るし、そもそも人間関係がかなり悪い。だから3日目で「さすがにここは無理w」って思っい、2週間目には転職活動してたから、就職自体を無かったことにできないかと本気で悩んだくらい。けど流石にすぐには辞められず、最悪な病院で2か月も働くことに。
この時のことは、いま思い出しても異常なワキ汗が出るくらいに苦痛だった・・。


3回目の職場。4ヶ月で退職

3番目の職場は、求人誌のタウンワークで見つけた介護施設の看護職。
給料は安かったが、友達から聞いた噂では介護施設にしては給料がそこそこ良く、しかも福利厚生がかなり手厚くて、看護師に人気がある職場らしい。それが決め手となり転職した。
医療法人グループ内の広報誌に掲載された写真(医療法人グループ内の広報誌に期待の新人として掲載された写真。今となっては黒歴史以外の何物でもないが・・)

だけど入職してビックリ。給料はそれなりに良いって聞いてたのに、手取りで15万は想定外!
たったの15万円じゃ家賃や食費、水道光熱費、奨学金の返済、携帯代を払うと残りが2万円ほど。
化粧品や服などファッションに回せるお金がほとんど無くなって、仕事中も休日も化粧せずスッピンになった。
冠婚葬祭や飲み会で急な出費があれば、マイナス確定で貯金が減っていくこともある。
看護師でも介護施設だと低給料なんだって思うけど、この施設は異常に給料が低かった。

そもそも求人票には月給22万と書かれていたし、面接のときにも確認したはず。それがなぜに15万!?
給料明細を見ると、保険や税金で引かれている他に「保養施設運営費?」が2万3千円も引かれている・・。なんでもグループ法人で所有する保養施設の運営費と、新しく作ろうとしている建設費に充てられるらしい。しかもその保養施設はサロンや温泉やカラオケや料亭が併設する立派な建物なんだけど、グループの理事一族が入り浸っており、休日には絶対に行きたくない場所。仕事帰りに行けば理事長一族はいないのだが、代わりに上司や先輩が入り浸っているから、行きたくても行けない不毛の大地と化している。つまり私が払う2万3千円は理事長一族と先輩たちのために払っているようなもの。
だから私は、たまに施設に来てはわめき散らす理事長一族の重鎮であるホワイトババア(美白にウン千万もムダ金を使っているという55歳の理事長婦人)と言い争いになったとき「あんなゴミみたいな保養施設!給料返せっ!」と、詰め寄って婦人を逆上させてしまい、クビ同然のごとく辞めさせられた。正直辞めれてホッとしたけど(笑)

不正請求の新聞切り抜き(2年後、診療報酬の水増しと個人流用で理事長逮捕。新聞を見て切り抜きするくらい嬉しかった 笑)


4回目の職場。現職7年10ヶ月目

4番目の職場は、車で15分ほどの場所にある病院。
現職の病院(病床330・9診療科・設立110年の歴史ある病院・回復期リハで有名・地域がん診療拠点にも指定されている)

最初この病院は何となく避けていた。
「古いタイプの看護師が多く、体育系の新人教育があるのでかなりキツイ」と、友達からの噂で聞いていたから。

だけど初めて人材紹介に登録して一変。
かなりの優良病院だとわかった。
この病院には、人材紹介会社のアドバイザーが過去に転職支援をした看護師が3人くらい入職していて、その人達から病院の内情を聞き出してもらったのだが、
実際にはかなり人間関係が良くて、人を育てるという文化が昔から定着しているらしく先輩たちの面倒見が異常に良く、新人でも中途でも病院になじむためのステップアップOJTがシステム化されていて、さらに残業代もキッチリ支給されたり、有給も取りやすくて年に何回か2泊3日のプチ旅行に行けたり、いわゆる優良病院のため看護師がなかなか辞めず、求人が表に出ることはほとんどないらしい。

人材紹介って求人紹介だけかと思っていたけど、こういった病院の裏環境や病棟内の空気という「実際に働いてみてどうなの?」っていう病院の内情を聞き出してくれるのが、かなりありがたい。
で、それを聞いて「あっここ自分に合ってるかも」と思いはじめ、当初はまったく入職を考えていなかったこの病院に入職することを決意する。
(本当にたまたま求人が出ていた)

これが大正解。
環境でここまで変わるもんなんだなと。

60代の老いぼれドクターに多少のセクハラ癖があり鳥肌が立つこともあるが、不安だった人間関係は看護師の院内異動が活発なため人のつながりが固定化されておらず良い意味でアッサリしており新人でも輪の中に入りやすかった。体育系の先輩は多いけど「なんかあったら相談しなっ!」的な姉さんばかりで、インシデント起こしそうになったときいつも助けられてて、守られてるって安心感がすごい。ビクビクしない看護が、こんなにも気持ちが良いもんなんだって知った。

あと勉強会やセミナーは結構開催されるが、強制されているわけではなくあくまでも自主的。残業も30分~2時間以内、残業代も全額支給で、シフトは安定の3交代、子育て看護師のフォロー体制がシッカリしていて独身だけにそのツケが回ってこないし、看護師が辞めない病院だから人材豊富で仕事の負担はこれまでの病院に比べて圧倒的に少ないし、その影響なのか体育系の人が多い割には病院全体がふんわりした空気で、プライベートもさらけ出せる様なまったり感がある。
病院の同僚と(この病院に入職して4年目の写真。左が5歳上の普段怖いけどインシデントで必ず助けてくれるツンデレの先輩・真ん中私・右新卒2年目の後輩)

この病院は、人材紹介のアドバイザーから聞いていた話通りで自分がイメージにピッタリだった。
なによりも働いている先輩看護師たちがすごく良い。
だから過去3回の職場で感じていた「あっダメかも・・」がまったく無く、逆に「ここで看護の腕を磨いてみたい・・」なんてガラにもなく思うほど。

それくらい先輩たちがカッコよく見えたし、私もそうなりたいって強く思えた。
新卒が転職する一番のメリットは、こういった目標にできる先輩ができることなのかもしれない。

目標とする人ができれば人は成長できる。
私は運よくそんな先輩たちを見つけられ、可愛がられ、教えられ、仕事を任され、失敗しては助けてもらえ、患者さんからの「初ありがとう」に一緒に泣いてもらえ、看護の本当の楽しさを教えてもらえ、自分が看護師として成長している感がハンパない。
嫌々働く病院で3年耐えてようやく成長できることを、半年で達成できたくらいに。

「なんで新人なのに転職するの?」って聞かれたら、
「看護師として成長できるから」って言える転職だった。

これから定年まで30年以上続く看護師人生は、新卒のたった3年間で大きく変わる。
誰でも平等に与えられる3年間だけど、学べることは環境にって全然違うから。
「3年後に考えよう」「一生懸命頑張れば何とかなる」「今の病院でも学ぶことはある」なんて、ステレオタイプの思考停止な考えじゃ、取り返しがつかなくなる。

実際に、成長している同期と、今の自分を比べてみればよく分かるんじゃないだろうか。

私は新卒1年目で、4つの職場を転々とした。
その結果として、こんな私でも7年務められる今の病院を見つけられ、主任まで任されるようになった。
病院の同僚と(去年の冬に某雑誌に掲載された写真・新人の看護研修指導中)

今の病院が嫌なら、とりあえず転職活動してみたらいい。
「転職する、しない」にかかわらず、今まで見えなかったことが見えてくるし、気分も楽になるし、必ず何かが変わるから。


新卒で3年耐えろの不条理

仕事がイヤ、職場がイヤ、上司がイヤ。
それでも3年耐えろってのは、よく聞く。
とくに新人のころは、どこにいっても3年耐えろって言われた。

けど3年耐える根拠って何なのか?

逃げ癖が付く?
今は嫌でも慣れる?
転職すると将来に悪影響?

嫌な病院で消極的に働くよりも、自分に合った病院で積極的に働いたほうが、スキルも経験も、給料も、人望も付いてくる。

結局、3年も必死に耐えて誰が得をするのかといえば、
長く働かせたい病院だったり、
辞められると管理能力を疑われる上司だったり、
仕事が回ってくる先輩だったり。

ハッキリ言って「3年耐えろ」ってのは、病院や管理者側の都合でしかない。

新卒の立場から言えば、
  • なぜ20代の貴重な時間を、苦痛に奪われなきゃならないの?
  • なぜ3年も無駄な時間を過ごして、同期に差をつけられなきゃならないの?
ってこと。


そもそも先輩たちにはこの病院が合っていたけど、自分には合わなかっただけの話。
職場は、恋愛と同じように人と人のつながりだから、合う合わないが必ずある。
「結婚はないなかー・・」っていう男に3年間も悩まされるより、「人生を一緒に過ごしたい」って思える男性と過す3年間のほうが遥かに価値があるように。

つまりは今の病院には3年耐える価値があるのかどうか?
仕事が楽しいと思える病院なら、3年頑張るのがベストだろう。
仕事が苦痛だと思える病院なら、3年も耐えるより、転職も考えておくのがベストだろう。


そもそも新卒が転職できるの?

新卒で転職する一番の不安は、雇ってくれる病院があるかどうか。
看護以外の一般職だと、退職した新卒を雇ってくれる会社は、スキルや経験の面から言って、労働条件が悪くなるし、求人も少ないし、必ず不利になる。

しかしこれは「一般」の場合の話。

私たちは資格を持った看護師である。
看護師は、今もこれからも圧倒的に不足していて、どこの病院も足りない。だから経験が浅い新卒であっても、どこの病院もウェルカム状態なのだ。

私自信、最初は自分に何のアピールポイントも無いと思ってるため、かなり不安だったが、実際に転職活動して驚いた。
新卒であっても雇ってくれる病院は多いし、あえて新卒で辞めた看護師を狙ってる病院すらある。

普通、私のように新卒1年目で何回も転職してる新人を雇ってくれる会社はない。

だがそこは腐っても看護師。
新卒であろうが、転職回数が多かろうが、大学病院や国立病院クラスじゃなきゃ、病院選びで困ることはない。

つまり新卒であっても、看護師なら転職先は簡単に見つかるし、看護師不足の今なら行きたい病院を選び放題である。


転職したら余計に悪化するんじゃ・・?

「転職すると今以上に悪くなるんじゃ・・」
転職を考える人なら一度は悩む。
ニュースやワイドショーで40代50代の悲惨な転職事情がよく流れているから、転職に有利な20代や30代であっても不安になるのは仕方がない。

でも20代で転職に失敗するほとんどは「情報不足」が原因。

転職に失敗するのは「あっ思ってたイメージと違った・・」ってとき。
職場は、働いてみないと分からないってよく言われるけど、まさにその通りだから。

転職に成功する人は「働いてみないと分からない情報」を事前に手に入れて、シッカリと働くイメージをしてみて、やっていけそうだと確信したところにしか就職しない。

つまり「転職して今以上に悪ならない」ためには、こうした「働いてみないと分からない情報」を手に入れてばいい。

「働いてみないと分からない情報」があれば、「転職して今以上に悪くなる」なんてことは、よっぽど運が悪くなきゃ起こらない。


新卒はどのタイミングで転職したらいい?

よく言われる1年や3年というにキリがいい時期。
実際に病院側に退職の意思を伝えても「3月まで待ってほしい」とよく言われる。新しい看護師が入職してくるタイミングで退職させて、スムーズに業務を回したいからだ。

だけど少しでも辞めたいと思うなら、今すぐ転職活動をしておいたほうがいい。
3月まで待つのはお人好しな看護師だけだ。
(就業規則を盾に、3月まで強引に働かさせる病院もあるみたいだけど・・)

辞めると決まっている病院に勤めても、給料や昇進など何のメリットもない。
それどころか遅くなればなるほど、今後のキャリア構築や給料テーブルに悪い影響が出てくる。
だから自分を大切にする看護師ほど、病院の勝手な都合を聞き流し、早いタイミングで転職活動を始める。

たとえ3月まで退職を伸ばすにしても、転職活動だけは今すぐ始めたほうがいい。
まずは転職市場をチェックしておいて、良さそうな求人があれば、退職を含めてすぐに動けるから。

また「転職する、しない」を迷っている段階だけど、選択肢の1つとしていつでも「転職というカード」を出せるように準備をしておいたほうがいい。
「今の病院で耐え続ける」以外の「転職できる」という選択肢を持っているだけで、今の病院に縛られる圧迫感が無くなったり、心に余裕ができたり、客観的で合理的な判断ができるようになったり、将来設計の幅が広がったり、他の病院を知ることで今の病院で頑張ってみようと思えたり、「転職する・しない」に関わらず、いい結果が生まれるからだ。
だから私は「新卒はどのタイミングで転職したらいい?」と聞かれたら、「少しでも辞めたいと思うなら、今すぐ転職活動をしておいたほうがいい」と答えている。


転職活動って求人票を見るだけじゃダメ?

たいていの人は、ハローワークや雑誌で求人を眺めて、良さそうな病院があれば応募する。
新卒で病院を選んだ時も、学校に来ていた求人や、実習でお世話になった病院の求人を見て応募することがほとんどだろう。

だけど求人票を見るだけじゃ全然ダメ。
私自身、求人票だけ見て失敗してきたパターンだし、新卒で失敗する看護師のほとんどが求人票しか見てない。
もちろん病院のホームページを見たり、実際に病院に行ってみたり、噂話を聞いたりもする。

けどそれだと病院の表面しか見えない。

私たち看護師が知りたいのは、もっと病院の内面的なところで、実際の仕事内容だったり、看護師のドロドロな人間関係だったり、劣悪な師長や先輩がいないかだったり、病院のカルチャーや雰囲気だったり、ドクターや師長や先輩のパワハラ問題だったり、残業代やボーナス額の本当のところだったり、毎年の昇給額だったり、サービス残業させられるのかだったり、委員会の強制有無だったり、休日にセミナーや講習会に出席しなきゃならないのかだったり、子育て看護師の急な休みが独身にばかり回ってこないかだったり、病院のインシデントに対する考え方だったり、連休が取れるのかどうかだったり、シフト体制だったり、夜勤の回数だったり、新人の教育体制をどのようにやっているかだったり。

本当に知りたいのは、実際に働いてみないと分からない情報。
求人票に書かれている月給や勤務時間だけじゃ分からない、リアルで生々しく現実的な病院の内面を知れる情報がほしい。

そうすれば「自分がこの病院で働いたらどうなるか?」を頭の中にリアルに再現でき、転職後の「あっ思ってたイメージと違った・・」という失望を無くせるから、転職で失敗することも無くなる。

つまり転職活動は、求人票を見るだけじゃダメで、病院のリアルな内情を集めなくてはいけない。


リアルな情報ってどこで聞けるの?

新卒に限らず、病院のリアルな内情は、友達経由で聞くことが多い。
友達が実際にその病院で働いていたり、または昔働いていたり、友達の友達が働いていたり、友達が聞いた噂だったり。


でもその友達が転職したい病院で働いているなら良い情報を聞けるが、たいていは噂レベルでたいして役に立たないどころか、変な先入観を持たされてしまい客観的な判断ができなくなるデメリットすらある。

情報を聞くなら、転職経験があり、なおかつ顔の広い先輩にしなくてはいけない。できれば外部のセミナーや講習会に積極的に参加して、院外の看護師ネットワークを持っているような人。
転職したい病院で働いている看護師を紹介してもらい「ランチをしながら病院のリアルな内情を聞き出す」なんてことができる。

でも現実的に、新卒看護師でここまでの先輩と知り合いになるのは難しい。

そういうときは人材紹介会社を利用する。
人材紹介会社は、その名の通り「企業と人材」の橋渡しをする会社。
最近は、看護師不足に困っている病院が多すぎて、「看護師専門の人材紹介会社」があるくらいだ。
この人材紹介を使うと、アドバイザーと呼ばれる人たちが担当に付いてくれ、過去に転職をサポートした看護師から情報を聞き出してくれるので、気になる病院のリアルな内情を手に入れられるというわけだ。

つまりリアルな病院事情は、友だち経由の噂じゃなく、実際に働いている看護師に聞かなければいけない。病院に行って働いている看護師さんに勇気を出して声をかけてみたり、顔の広い先輩に気になる病院の看護師を紹介してもらったり、人材紹介会社のアドバイザーから聞いたり。

知らない看護師に話しかける勇気が無くて、相談でき頼りになる先輩がいないなら、人材紹介会社を利用するのが手っ取り早くて良いだろう。


人材紹介会社って敷居が高いんじゃ?

人材紹介会社は、ベテランやエース級のスキルや経験を持った看護師しか使えないっていう、敷居が高いメージがある。
私もそうだったし、最近の新人の子に聞いても、皆そう言う。

けど私が実際に登録してみて分かったのは、ぜんぜん敷居が低くて、逆に「新人の看護師さんに来てほしかった!」と、かなりの歓迎ムードだったことだ。なんでも新人がほしい病院は多いそうだが、敷居が高いイメージからか、新人看護師がなかなか登録してくれないからだとか。だから私が登録したときはアドバイザーが手取り足取り転職のイロハを教えてくれ、情報提供だけじゃなく、希望条件のヒアリングから求人紹介、病院の情報収集まで丁寧にやってくれ、転職は「情報が1番重要」ということも教えてくれた。

個人じゃとてもここまで出来なかったし、求人を紹介してくれるだけのハローワークとも違うし、噂レベルの具体性のない情報をくれる友達とも違う。

しかもなぜかお金がかからない。
(後で聞いた話だが求職者から金を取るのは法律違反になるので完全無料らしい。病院から求人費を取っているとのこと)

つまり人材紹介会社は、新人看護師に「ぜひ来てほしい!」状態だし、お金も無料だし、敷居がかなり低いと言える。

まあ敷居の高さうんぬんよりも、看護業界に詳しくない新人が転職するなら、その道のプロにサポートしてもらって有利に戦わなきゃ、また同じ失敗をする確率はヤバいくらいに高い。


でも求人紹介されると、断りにくいんじゃ?

人材紹介は、親切なアドバイザーから求人を紹介されると断りにくいっていうイメージがある。
私も最初はそうだった。

でも実際に紹介される求人は、あくまでも「こんな求人が出てきたよ」っていう程度なので、ピンとこなきゃ流すし、気になれば情報を集めてもらう感じ。
あくまでもこちら主導で、心配した強制されるようなことや、面接を受けなきゃいけない雰囲気ってのもなかった。

実際に私は、毎週メールで送らてくる何通もの求人票を流しまくっていたので、アドバイザーに「断ってばかりで申し訳ないです」って言ったら、「いえいえ。それが転職活動ですから気にしちゃダメです」とアッサリした回答。
どうもアドバイザーの話では、こういったサービスに登録しても、実際に転職する看護師は半分もいないらしい。
結局、希望する求人がなかったり、転職しなかったり、知り合いに病院を紹介してもらったり。

それに無理に合わない病院に転職させて、すぐに辞められて評判が悪くなるのが一番困るので、その人に合った病院が出てくるまで粘り強くサポートするそうだ。

つまりアドバイザーたちは「とりあえず求人を見てもらって、良さそうなのがあればメールして」といった「情報は惜しみなく出すけど、待ちますよ」ってスタンスだから、気に入った求人が出てくるまで断り続けても全然大丈夫だった。


求人が1番良かった人材紹介会社は?

転職するなら、たくさんの求人から条件が良くて自分に合った病院を選びたい。
私もそう思い取りあえず3つの人材紹介会社に登録して、ビックリしたことがある。

どの会社も同じ求人ばかりだったからだ。
同じ病院で、同じ診療科で、同じ給料で、同じ勤務時間で、同じ待遇・・・。
試しにさらに2つ登録して、合計5社を使ってみたが笑えるくらい同じ求人しかなかった。

会社による特色なんてない。

もちろん人材紹介会社の求人数は、ハローワークや求人誌より全然多いんだけど、肝心な求人内容がほぼ一緒w
どこの調剤薬局で処方箋のクスリをもらっても同じように、どこの人材紹介会社で求人を見ても同じ。

なんでこんなに怪しいことになってんだって、さにげなくアドバイザーに理由を聞いて納得。
看護師がほしい病院は、求人を出すだけなら無料で、実際に就職が決まったら求人掲載費を払うシステムの人材紹介に、手当たり次第に求人を出す。
だからどの人材紹介会社も同じ求人になるそうだ。

つまり人材紹介会社選びは、求人の量(多くの病院、多くの診療科、多くの地域)や、求人の質(条件が良い、掘り出しもの、非公開)で探してもハッキリ言ってムダ。
求人にはなんの違いもないから。


新人が人材紹介会社を選ぶ基準は?

どの会社も求人に違いはない。
じゃあ人材紹介会社を選ぶ基準は何なのか?

それは「持っている情報量」しかない。

病院のリアルな内情を聞けるか、聞けないか。

良い人材紹介会社の基準は、求人に差がないんだったら、この情報量の格差しかない。
もちろんカウンセリング力や病院との調整力など細かな点での優劣はあったが、根本的に転職の成否は「働かなきゃ分からない情報」を事前にどれだけ入手できるかに掛かっている。

何度もくどいほど書いているが、転職してからの「あっこんなはずじゃなかった・・」を無くすには、働からかなきゃ分からない病院の内部情報を事前に手に入れて、自分が働いていけるかどうか、自分の希望をどこまで満たしてくれるか、自分のやりたい仕事があるか、自分が絶対にやりたくない仕事がないか、自分が生理的にダメなことがないか、を見極めるしかない。
内部情報が手に入れられない転職は、ギャンブルである。

恋愛に例えると、表面的な情報しかない「ナンパやコンパで知り合った男」は付き合った後にどうなるか分からないギャンブルで、相手の背景や性格まで把握できる「学校の教室やバイトで知り合った男」は、付き合った後のことがイメージできるから長続きしやすい。
まあ恋愛の場合、そのギャンブルを楽しむこともできるが、仕事でそれを楽しむのは難しい。

つまり人生を左右するイベントである転職をギャンブルにしたくないなら、リアルな情報を提供してくれる人材紹介会社を選べばいい。


どの会社でもリアルな内情は聞けるの?

私はどの会社もリアルな内情を提供してくれると思っていた。
実際に最初に登録した会社は、生情報を提供してくれた。
でもそれに味を占めて、もっと欲しいもっと欲しいと欲張った結果、情報をくれない会社もあり嫌な思いもした。

例えば、某赤十字病院の詳しい事情分かりますか?と尋ねたところ、最初の会社は「求人票には月給28万って書かれてますがかなり激務なICUの話で、内科病棟は月給22万円ほどでさらにはサービス残業が1日2時間ほどあるそうで、条件は良くないかもしれません」とかなり具体的に教えてくれるが、情報をくれない会社は「求人には月給28万って書かれてますから、おそらく残業代を入れたら30万円近くになります」と、求人票を見た予測しか答えてもらえず、働いている看護師さんから情報もらえませんかね?と尋ねたところ、「それは無理ですよw」と失笑され嫌な思いもした。

つまり情報をくれる会社と、くれない会社がある。
さらにわたしは合計5社を使って転職活動したが、情報をくれるとしても、どの程度深い話が聞けるかは、これまた会社によって違いがあった。

例えば、
  • ごく一部の病院しか情報がない会社
  • 介護施設には強いけど、病棟系には弱い会社
  • ほとんど情報がない会社
  • どの病院でも提供してくれるが、内容が薄い会社
  • エリアは限定されるが、内容が濃い会社
求人はどこの会社も同じだったが、情報提供には大きな格差があった。
ヘタな会社を選ぶと、ハローワーク程度の役目しか果たしてくれず、転職に失敗する可能性が高くなる。

つまりリアルな内情は、どの会社からも聞けるわけじゃなく、一部の優良な会社だけと思ったほうがいい。

情報をくれない会社であっても、ハローワーク以上の求人があるため使う価値はあるのだが、濃い情報をくれる優良会社と比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまう。
せっかく人材紹介を利用するなら、求人と一緒に情報もくれる会社を選んだほうがいいだろう。


情報を聞ける人材紹介会社を見分ける方法は?

人材紹介会社って、沢山あってどこに登録したらいいか迷う。
その中から、価値ある情報を聞ける人材紹介会社を選ぶのは、難しい。
だから初めて人材紹介を利用する看護師は、手あたり次第に登録して、その中から選ぼうとする。
だがこれをやってしまうと、毎日のように電話やメールが鳴り響くことになり、働きながら転職活動するのが難しくなる。
できれば、ここがいい!という1社に絞ったほうがいい。

じゃあ、どうやって情報を聞ける人材紹介会社を見分けるか?

それには2つの基準がある。
  • 1.過去のサポート実績数
  • 2.看護師の満足度

まず、人材紹介会社が病院の裏事情を集めるには、過去にサポートした看護師からの情報提供がメインになる。
だから過去のサポート実績が無ければ、情報を集められない。
例えば、去年からサービスを開始した某ナース転職サイトは、求人を紹介されるが、肝心の病院情報は求人票以上のことは教えてもらえなかった。実績のない会社だとこんなことが起こる。逆に業界大手の某サイトは、エリアこそ限定されるがかなり濃い情報を教えてくれた。過去の実績がたくさんある会社は、情報交換できる看護師の絶対数が多いため、1つの病院であっても複数の看護師から情報を集められ、かなりハードで生々しく有益な情報が聞ける。

次にサポートした看護師の満足度も高くなければいけない。転職に失敗して人材紹介会社を恨んでいるような看護師からは、話を聞けないからだ。例えば無理やり転職させる悪名高き某転職サイトは、サポートした看護師の数こそ多いが、強引に転職させられた、騙された、転職するんじゃなかった、という看護師がほとんどのため、まったく生情報を仕入れられない。だから転職者に対した情報を提供できず、また不幸な看護師を生むという、悪循環になっている。こうした会社に登録してしまうと、断っても断っても電話が鳴りやまず始末が悪いばかりではなく、転職に失敗する可能性がかなり高くなるので要注意だ。

つまり有益な情報を聞くには「過去のサポート実績」と「看護師の満足度が高い」人材紹介会社を選べばいい。


実績と満足度が1番高い会社はどこ?

人材紹介会社は、情報提供してくれるかどうかを見分けるのは難しい。たいていの場合、利用してから良い会社なのか、悪い会社なのか気づく。
利用する前に良い悪いを見分けたいなら、利用した先人に評判をに聞けば間違いないだろう。

だから私が利用した5社の中で、シッカリ情報提供してくれた3社を紹介する。
最悪だった2社は、紹介する価値もないので除いておく。


1位.マイナビ看護師

5社の中で一番良かった。
情報量が圧倒的で、病院のリアルな内部を1番教えてくれ、3回目の転職でようやく成功できた立役者でもある。

毎年10000人の看護師を転職させた実績があるためか、外来のみの小さなクリニックから、800床越えの総合病院まで幅広く情報を集めてくれた。
リアル情報以外にも求人のマッチング力や、アドバイザーのヒアリング力、病院への交渉力、テキパキした面接の段取り、履歴書や経歴書の書きかた指導などサービスの質がとにかく高い。だから利用者満足度が95%を超えるらしく、質の高さが評判を呼び、さらにそれが圧倒的な情報量を生む感じで、チョット他の人材会社じゃかなわないなってレベルの完成度だった。転職して良かったっていう看護師に話を聞くと、結構な割合で(10人に4人くらいか)はマイナビ利用者だったりする。

ただしマイナビは完璧ってわけじゃなく、欠点もある。
それは地域が限られるってこと。
わたしは関東だからよかったけど、東北の友人は求人がほとんど紹介されなくって全然ダメだったと言っていた。
それもそのはずでメインサポートエリアは関東、関西、東海のみ。

まあその欠点が関係ない関東、関西、東海で病院を探すなら、間違いなくオススメ度No1なんだけどね。
マイナビの公式サイトへ



2位.医療ワーカー

マイナビの次によかったのが、医療ワーカー。
病院のリアル情報も、積極的に提供してくれた。ただしまだサービス開始から日が浅いためか、情報の集まりは思ったほどじゃなかった。この辺りはマイナビが強すぎたってのもある・・・。
でもマイナビに勝るのは、全国をカバーしているので、北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄の看護師でも利用できる強みはある。
マイナビのサービス提供エリア外で病院を探すなら、良いんじゃないだろうか。


3位.看護のお仕事

チョット微妙だったんだけど、病院のリアル情報を提供してくれるという点では、まあ良かったといえばよかったかな。
ただし問題なのは情報の出し惜しみというか、「情報集めてみますけど、今度こそ決めてくださいよ?」的なオーラがビンビン伝わってきて、なんだか使いずらかった。
マイナビみたいに「ドンドン聞いてくださいね!」的な、開放感を出してくれないと、看護師は逃げていくと思うけどな・・。


まとめ

長く書きましたが、私が伝えたかったのは以下のことです。

  • 新人看護師でも辞めたいなら、遠慮なく転職しよう
  • 3年も耐える必要はまったくない
  • ただし転職で失敗しないために病院のリアル情報を集めよう
  • そのためには顔の広い先輩か、人材紹介を利用する
  • 人材紹介は、新人でも大歓迎される
  • 使ってみて一番良かった人材紹介はマイナビだった
マイナビに登録する





1年目の看護師だけど辞めたいです・・


看護師1年目は辛いことが多いですね。
覚えることが多く、仕事も多忙で、責任も重く、それについていけない・・。
でも今までガンバった自分を責めないでください。

1年目の新人が「人の生死」にかかわり、肉体的にも精神的にも過酷で、さらに高度な専門知識まで要求される。
こんな業界他にはありません。

医療は特殊すぎる世界なのです。


どのくらいの看護師が1年目で辞めているの?

日本看護協会のアンケートによると、約1割が一年目に離職しているそうです。

え?たった1割!?

そうです。このアンケートには数字のトリックがあり、この手のアンケートに答えているのは優良な病院ばかりなため、離職率が低くなっているのです。
だから実際にはもっと多くの看護師が1年目で辞めているでしょう。
皆さんの体感だと3割ほどではないでしょうか?
病棟によっては5割、6割。
酷いところだと新人看護師が全員辞めたと言う話も珍しくありません。


1年目で辞めても転職できる?

はい。大丈夫です。
もちろん経験豊富なほうが選べる病院は多くなりますが、1年目で辞めても二次新卒として転職できます。
どこの病院も看護師不足に悩まされているため、焦らずに新しい職場を見つけてください。


1年目でもクリニックに転職できる?

正直、難しいです。
クリニックは即戦力を求めています。
ただ選択肢は少ないですが、1年目でも転職できるクリニックはあります。
求人サイトや転職サイトで情報をチェックしているとたまに出てくるでしょう。


1年目で病棟に転職する注意点はある?

そうですね。
新卒と同じように教育してくれる病棟にしたほうがいいでしょう。
研修やプリセプターなどを付けてくれる職場を選んで下さい。


1年目でも介護施設の看護師になれる?

はい。大丈夫です。
介護施設でも即戦力を求められますが、要求されるスキルはそこまで高くありません。
日常業務のバイタルや服薬管理ができれば問題ないからです。

実際に1年目で病棟をリタイヤした方の多くが、介護施設で看護師として働いています。


これからどうしていいのか分からない・・

そうですね。
一番辛い時期に将来のことを考える余裕はなかなか無いものです。
でも看護師として働いた経験がある今は、学生時代よりリアルに将来像が描けるようになっています。

これからどんな看護師になりたいのかイメージしてみませんか?
スキルを身に付けたいのであれば、病棟で臨床経験を積みましょう。
のんびり働きたいのであれば、介護施設の看護師になりましょう。
将来病棟への復帰も考えているなら、クリニックで働きましょう。

必ずしも今の職場にこだわる必要はありません。


3年続けたほうが良いと言われるけど・・・

そうですね。
1人前になったと実感できるのが丁度3年目くらいなため「3年頑張れ」「3年は耐えろ」とよく言われるのだと思います。
クリニックの募集要件に「病棟経験3年」をよく見かけるくらいですし。
3年続けられるのであれば、それが良いと思います。

でも今の病院で3年も続けられるのか?


第二新卒って何?

新卒後、3年以内に辞めた方を指します。
第二新卒であれば、新卒と同じように教育カリキュラムが受けられることがあります。


やっぱり病棟経験は必要?

看護師としての幅を広げたいなら病棟経験が必須になります。
病棟経験が長いほど、どこにいってもやっていけるスキルや知識が身に付くからです。
ただクリニックや介護施設で働くのであれば、病棟経験が1年もあれば大丈夫です。


いずれ病棟に復帰したいけど、今はゆっくり働きたい

療養型の病棟はどうでしょうか。
療養型であれば、一般病棟ほど激務ではありません。
まずは看護師の業務に慣れてから、3年目くらいにステップアップして一般病棟に転属するプランがおすすめです。


1年続ける秘策は無いでしょうか?

修業だと思ってみてはどうでしょうか。
1年修業すれば絶対に成長している!
そう思えれば少し気が楽になるはずです。

↑ PAGE TOP